医学部予備校に行って夢を叶えられます

個別指導も受けるに至りました

内科医として勤務をして2年目弱点を補う努力個別指導も受けるに至りました

集団講義だけでは対応ができず、個別指導も受けるに至りました。
女性講師の手厚いサポートを受け、中学の範囲からやり直しをおこなって本番に挑んでいます。
幸いにも寮生活が功を奏して、1日10時間の特訓で高卒から大学1年程度の英語力をマスターするに至りました。
3月の1次試験では慶大医学部の倍率は25倍です。
日本一難しい医学部と言われているだけあり、毎回出題される問題もこだわっていました。
試験当日、専任講師から「君ならできる」と声をかけてもらったことが今でも忘れられません。
この励ましのおかげで無事合格をして、現在に至ります。
30歳を目前にした今、僕は実家の病院を継ぐための準備は整いました。
まもなく院長となって祖父たちと肩を並べられる喜びを実感しています。
これもすべて予備校にいったおかげです。

施設の子や親が学費出さない家の子は大学進学が困難って話に対して「成績優秀者になって給付型奨学金や減免措置受ければいいだけ」という意見が必ず出るけど、家に自分の机すら無く教材も買えない子が、親の金で予備校通ってる子たちに勝って成績上位者になるなんて無理難題にも程があるんだよ

— 村田@元被虐児童 (@DYdZZP59VT2LSgG) November 17, 2021

医学部の予備校医学部受験のことなら医学部受験予備校ウインダム