医学部予備校に行って夢を叶えられます

内科医として勤務をして2年目

内科医として勤務をして2年目になります。
僕の家は祖父の代から総合病院を経営しており、一人息子である僕は生まれたときから医者になることを義務付けられていたといってもいいでしょう。
小学生の頃から都内の有名私立小学校に通って、将来の夢はおじいちゃんやお父さんと同じお医者さんになることと言っていたものです。
しかし、医者になるためには相応の学力が必要でした。
自分では頑張って勉強をしていたつもりでも、結果がそれを物語ってはくれません。
高校3年生の模試では志望校の合格率が30パーセントしかなく、ストレート合格は無理だと悟ったものでした。
祖父と父は慶應義塾大学医学部をストレートで入って卒業をしているのに、僕にはそれを叶える能力はなかったわけです。
良い遺伝で生まれたかったと何度も思ったものの、浪人をしてでも医者にならないといけないという使命感を持って再度挑戦をする決心をしました。
そこで頼ったのが医学部受験専門予備校です。
ここからは、僕が如何にして医者になれたのかを詳しく語っていきます。
今現在、医学部の入学が難しいと悩まれている方も大勢いることでしょう。
そういった方々の希望になれば幸いです。

内科医として勤務をして2年目弱点を補う努力個別指導も受けるに至りました